銀歯が気になる 審美歯科

審美治療で自然な口元を実現

お口の中でギラリと光る銀歯の見た目、気になったことはありませんか? 審美歯科は、金属の詰め物や被せ物など、歯の見た目が気になる部分を白い素材に交換して見た目や機能を改善する診療メニュー。セラミックなど白く美しい素材を用いることで、日頃の悩みやコンプレックスから解放されます。

セラミックのメリット

審美歯科ではセラミックを多く使用します。セラミックは見た目が美しいだけでなく、身体にも優しい素材で、次のようなメリットがあります。

メリット01.本物の歯のように見た目が自然

セラミックは光を透過するため、本物の歯のような透明感のある仕上がりになります。また、自分の歯に合わせた微妙な色調調整も可能です。

メリット02.変色・着色しにくい

色素が沈着しにくいため、時間がたっても変色や着色が少なく、美しさをキープできます。

メリット03.金属アレルギーの心配がない

銀歯を使用している場合、金属イオンの溶け出しにより全身に金属アレルギー症状を引き起こすことがあります。一方セラミックは非金属なので、その心配がありません。

メリット04.歯ぐきが黒っぽくならない

金属イオンの溶け出しは歯ぐきの黒ずみも引き起こしますが、セラミックを用いた場合はその心配がありません。

取り扱い素材・治療法

ハートピア歯科・矯正歯科」「ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所」の取り扱い素材と治療法をご紹介します。

ジルコニア

ダイヤモンドの代用品としても使われているジルコニア。セラミックの一種ですが、従来のセラミックよりも硬く、金属と同等の強度があります。また、金属アレルギーの心配がなく、見た目も自然で美しいのが特長です。

オールセラミック

すべてがセラミックでつくられている素材です。天然の歯に近い透明感があるため見た目が美しく、金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチック(レジン)を混ぜた素材です。オールセラミックと比べ、硬すぎないので咬み合う歯を傷めません。また、金属アレルギーの心配もありません。

メタルボンド

金属の土台にセラミックを焼きつけたもので、強度が高く奥歯に適しています。外から見える部分はほぼセラミックなので自然な仕上がりになりますが、内側に金属を用いるため、歯ぐきに変色を起こす可能性があります。また、金属アレルギーをお持ちの方にはおすすめできません。

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を少しだけ削り、そこに薄いセラミックを接着する治療法です。歯の色や形、軽度に乱れた歯並びも改善できるので、ホワイトニングで効果が出なかった歯にもおすすめです。

大切な自分の歯を守るために

いくら白くて美しい素材で歯を補ったとしても、自分の歯に勝るものはありません。もっとも大切なのは、自分の大切な歯を守ること。初期のむし歯や歯周病は自覚症状がなく、気づかない間に進行してしまっていることがあります。予防や早期発見のためにも、定期的に歯科医院の受診をおすすめします。