妊娠中の歯科診療 マタニティ歯科

妊娠中の歯科治療について

妊娠中はホルモンバランスが変わるため、お口の中の環境にも変化があり、むし歯や歯周病になりやすくなります。また、お口の健康はお腹の赤ちゃんにも影響をおよぼすことがあるので、妊娠中こそ歯やお口のお手入れを慎重にしなければなりません。ただし、妊娠中は薬を使った治療や身体に負担となる治療はできるだけ避ける必要があり、こうしたことが不安で歯科医院の受診をためらわれてしまう方もいらっしゃいます。

鴻巣市からもほど近い、行田市のハートピア歯科・矯正歯科北本市のハートピア歯科・矯正歯科北本診療所では、マタニティ歯科に対応し、妊婦さんのサポートを行っています。むし歯や歯周病がある場合なども治療に適切なタイミングをお伝えし、お腹の赤ちゃんに負担のない方法で治療を行いますので、どうぞ安心してご相談ください。

妊娠中に治療を受けるタイミング

  • 妊娠初期(1~4ヶ月)
    切迫流産の可能性があるため、緊急を要する症状がなければこのタイミングでの治療は控え、応急処置のみにとどめます。
  • 妊娠中期(5~8ヶ月)
    安定期に入ったら、特別な配慮を要する治療以外は問題なく行えます。この時期にしっかりと治療してしまいましょう。
  • 妊娠後期(9ヶ月~)
    陣痛が起きる可能性がありますので、基本的にこの時期に入るまでに治療は終わらせます。もしくは産後の治療を検討します。

妊娠中に注意が必要な口腔ケア

妊娠中、お口の環境は悪い方向へ傾きがち。その原因について考えられることをあげてみましょう。

つわり

つわりがひどい時期は吐き気があるため、十分なお口のケアがなかなかできません。また、食事の間隔や回数も不規則になりがちで、お口を清潔に保つことが難しくなります。

女性ホルモンの分泌

妊娠中に分泌される女性ホルモンは、歯周病菌の増殖を促します。そのため、歯周病にかかりやすくなるので注意が必要です。
なお、歯周病は早産や低体重児出産を引き起こす可能性があるため特に注意する必要がります。

だ液

だ液にはお口の洗浄能力がありますが、妊娠中は分泌量が減少するため、むし歯や歯周病にかかりやすくなります。

免疫力

妊娠中は免疫力・抵抗力が低下しがちです。そのため、お口の中で細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

おうちでできる口腔ケア

飲み物でお口スッキリ

お口を清潔に保つには歯みがきが効果的ですが、妊娠中はつわりでしっかりできないことも多いでしょう。そんなときは食後にお水やお茶を飲んだり、お口の中をすすいだりするだけでも違います。とくに、緑茶には殺菌作用のあるカテキンが含まれているので、食後の飲み物としてぴったりです。ただし、ほかのよい菌まで流してしまう可能性もあるため、飲みすぎには注意してください。

フッ素やキシリトールは積極的に

フッ素は歯の再石灰を促し細菌の増殖も抑えます。そして、キシリトールはそのフッ素の働きを助けます。日常的に使う歯みがき粉や食後に噛むガムをこれらが含まれるものにし、積極的に活用するとよいでしょう。

規則正しい生活を心がける

ストレスは免疫力を低下させます。規則正しい生活を心がけ、外に出て散歩したり太陽の光を感じたりすることでリラックスする時間を持ちましょう。

出産後の歯科治療もできるだけ避けられるように

妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのために、薬を使った治療や身体に負担となる治療を避ける必要がありますが、出産後は通常どおり治療を受けられるかというと、そうではありません。
出産直後はお母さんの体力も落ちていますし、授乳期間中も母乳への影響を考えて、抗生剤や痛み止め、麻酔を使う治療はできるだけ避けたいところです。むし歯や歯周病の心配がある方、親知らずの抜歯を検討されている方は、なるべく妊娠前に歯科医院へご相談ください。

お子さんが産まれたら、歯の予防について考えてあげましょう
小児予防についてはこちらでご紹介しています