歯がぐらぐらする 歯周病

歯を失う原因第1位の病気「歯周病」の怖さ

プラークに棲む歯周病菌が原因で起こる歯周病は、歯を失う原因としてむし歯よりも確率が高いのをご存知ですか? また、歯の周りに炎症を引き起こすだけでなく、全身に影響をおよぼす感染症でもあり、とても怖い病気なのです。

歯周病が体におよぼす悪影響

歯周病菌はだ液を通して体の中に入り、血液に乗って全身に広がっていき、さまざまなトラブルを引き起こします。歯周病が原因のひとつになっていると考えられるトラブルには次のようなものがあります。

心臓病 糖尿病の悪化 嚥下障害
摂食障害 認知症 誤嚥性の肺炎
早産 低体重児出産  

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎
顎の骨が溶け始めた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病の検査方法と治療法

歯周病検査
歯周ポケット検査 「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。
レントゲン検査 顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。
歯周病治療
歯みがき指導
おもに、ごく初期の歯肉炎に対して行います。一人ひとりのお口の環境に適した正しい歯みがき方法を指導します。
※歯みがきは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。
スケーリング
比較的軽度な症状の歯周病に対して行います。「スケーラー」という器具を使って普段の歯みがきでは取り除けない、歯に付着したプラークや歯石を除去します。
ルートプレーニング
スケーリングで除去しきれなかった、歯周ポケット奥深くにこびりついたプラークや歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。同時に、スケーリング後のザラついた歯面をなめらかに仕上げることで、汚れの再付着を防ぎます。
歯周ポケット掻爬(そうは)術
軽度~中等度の歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔を行って歯周ポケット内のプラークや歯石、膿、感染した組織を除去します。
フラップ手術
中等度以上の進行した歯周炎に対して行う外科的処置です。局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して顎の骨からはがし、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。また、感染した組織も取り除きます。

楽しい毎日を過ごすための定期検診のすすめ

残念ながら、歯は一度失ってしまうと元には戻りません。年を重ねるごとに自分の歯が減ってしまうのは悲しいものですので、なるべく長く健康な歯を守りたいですよね。また、歯の健康は全身の健康にもつながります。健やかで楽しい毎日を過ごすためにも、きちんと定期検診を受けてむし歯や歯周病を予防することが大切です。