歯の健康を保ちたい 成人予防

お口の健康のために予防歯科に通いましょう

日本では従来、歯科医院へ通う目的は「むし歯や歯周病の治療」というのが一般的でした。しかし最近では、歯科先進国である欧米のように、病気になる前に予防することが重視されています。

予防歯科では、むし歯や歯周病のチェック、お口の状態の検査、専門の器具を使ったクリーニングなどを行います。残念ながら、毎日しっかりと歯みがきをしていても、セルフケアだけではすべての汚れを落としきることはできません。そのままにしておくと、むし歯や歯周病の原因になってしまいます。定期的に歯科医院でのプロケアを受け、お口の健康を守りましょう。

定期検診のメリット

メリット01.病気を未然に防げる

むし歯や歯周病はお口の中の細菌が原因です。予防歯科で定期的に汚れを落として菌がいない状態がキープできれば、病気を防ぐことができます。また、万が一治療が必要になっても早期に発見できるため簡単な治療ですみます。

メリット02.治療にかかる負担が軽減できる

むし歯や歯周病が進行してしまうと、治療時の痛みが強いだけでなく治療期間も長くなるため、身体への負担も大きくなります。また、治療費用も高額になってしまいます。日頃からしっかりと予防ができていれば、このような負担もありません。

メリット03.お口がスッキリする

歯のクリーニングはむし歯や歯周病の予防が目的ですが、普段歯ブラシが届かなかった場所までキレイになるので、お口の中がスッキリします。歯の表面がツルツルになるのはとても気持ちのいいものです。

予防歯科メニュー

ハートピア歯科・矯正歯科」「ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所」では、以下のような予防歯科メニューをご用意し、患者さんのお口の状況に合わせてご提案しています。鴻巣市からも気軽にお越しいただける場所にありますので、ぜひ一度ご利用ください。

ブラッシング指導 患者様一人ひとりのお口の状態に合わせて注意すべきブラッシング時のクセやみがきにくい箇所、歯や歯ぐきへの歯ブラシのあて方、動かし方などを含めた適切なブラッシング方法を指導します。また、歯ブラシなどのデンタルケアグッズの選び方もアドバイスいたします。
PMTC 専用機器を用いた歯のクリーニングです。普段のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)などに溜まったプラークや歯石などの汚れを徹底的に除去し、むし歯や歯周病を予防します。軽度の着色の除去や口臭予防にも効果があります。
フッ素塗布 歯質を強化する働きを持つフッ素を歯に直接塗布することで、むし歯菌の出す酸に対する抵抗力を高め、むし歯になりにくい歯にします。また、フッ素には再石灰化を促す働きもあるため、ごく初期のむし歯なら治癒が期待できます。定期的に行うとむし歯予防に効果的です。
定期検診 お口の環境は常に変化しているため、定期検診が欠かせません。定期検診でむし歯や歯周病の有無をくまなくチェックし、変化をしっかり確認・記録することでお口の状況を把握し、適切な予防処置のご提案へとつなげます。
咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、食べ物がうまく噛めないだけでなく、ブラッシングのしづらさからむし歯や歯周病を、顎のゆがみにつながり顎関節症(※)や肩こり・頭痛などさまざまなトラブルを招いてしまうことがあります。咬み合わせをチェックすることでこれらのリスクを把握し、解決へと導きます。

※「口が開かない」「顎がカクカク鳴る」といった顎周辺に起こる症状の総称です。

生活習慣の指導 むし歯も歯周病も直接の原因は細菌ですが、生活習慣に問題があることもあります。食事・睡眠時間・飲酒・喫煙などの生活習慣についておうかがいし、必要があれば改善のアドバイスを行います。

これから出産する予定やご希望がある方は、妊娠前に一度お口の状態をチェックすることをおすすめします。もし、むし歯や歯周病、抜歯が必要な親知らずがあるなら、妊娠前に治療を完了してしまいましょう。妊娠中や出産後、授乳期間中も歯科治療は可能ですが、抗生剤や痛み止め、麻酔を使う治療はできるだけ避けたいもの。とくに、妊娠初期は薬の使用に対して十分な注意が必要になります。

なお、歯周病は切迫早産や低体重児出産の原因になる可能性があります。歯周病菌が血液に乗って子宮に入ってしまうと、菌によって陣痛に似た筋肉の収縮が引き起こされてしまうのです。

むし歯や歯周病の治療はもちろんですが、少しだけ顔を出している親知らずや、生え方が悪くうまくみがけない歯など、トラブル可能性のある歯は、歯科医に相談してあらかじめ抜歯や矯正をしておいたほうがいいかもしれません。少しでトラブルのリスクを減らし、安心して妊娠期を過ごせるよう、妊娠前に計画的に治療することをおすすめします。

小児予防についてはこちらでご紹介しています