子どもの治療について知りたい 小児歯科

正しいケアと歯医者さんに通う習慣が大切です

乳歯はやわらかく、むし歯のリスクが高いため、小さなころから適切なケアを行ってあげることが大切です。小さなお子さんのいらっしゃる方は、日頃から以下のようなポイントに気をつけて、お子さんのお口の健康を守ってあげてください。

子どものうちに気をつけてほしいこと

食後にはお口をキレイにする習慣を

食後、お口の中の食べカスをきちんとキレイにすることが、むし歯予防への第一歩。毎食後、歯みがきをする習慣をしっかり身につけさせてあげることが大切です。歯みがきが難しいときは、口をゆすぐだけでも違います。

食事やおやつは規則正しく

だらだらと食べ続けていると、長時間お口の中に食べカスが残っていることになり、むし歯になりやすくなります。食事だけでなくおやつも時間を決めて、規則正しい生活にしましょう。

おやつの種類にも気をつけて

チョコレート、ガム、グミ、飴などお子さんの好きなおやつには、むし歯菌の好物である糖分がいっぱい。このようなものばかり食べているとむし歯の可能性が高まります。ノンシュガーのものやむし歯予防に役立つ「キシリトール」入りのものを積極的に採り入れたり、野菜や穀物をおやつに採り入れたりするといいでしょう。

歯が生え始めたら定期的に歯医者さんへ

乳歯が生え始めたそのときから、むし歯のリスクは発生します。むし歯予防のためには、定期的に歯科医院へ通いましょう。もし治療が必要になってしまっても、早期に発見できるため、お子さんの負担が軽くなります。

行田市のハートピア歯科・矯正歯科北本市のハートピア歯科・矯正歯科北本診療所では、各種小児歯科メニューを充実させ、お子さんのお口の健康アドバイスも行っています。鴻巣市からご相談にいらっしゃる方も多くいらっしゃいますので、どうぞお気軽にご相談ください。

小児歯科メニューのご紹介

「ハートピア歯科・矯正歯科」「ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所」の小児歯科メニューをご紹介します。

歯みがき指導

おうちでも正しいケアができるよう、お子さんのお口の状態に合わせた歯みがき方法、歯ブラシの選び方などを指導します。また、親御さんの仕上げみがき方法についてもアドバイスしますので、気になることがありましたらご相談ください。

フッ素塗布

むし歯菌の働きを抑え歯の再石灰化を促すフッ素の塗布は、抵抗力の弱い乳歯や、生え始めの永久歯のむし歯予防に効果的です。ただし、1回の塗布ではあまり効果がないため、歯科医院で定期的に塗布してもらいましょう。

シーラント

奥歯がむし歯になりやすいのは、歯の溝に食べカスなどが残りやすいからです。シーラントはあらかじめその溝を歯科用プラスチックでふさぐ処置です。乳歯だけでなく、生えたての永久歯にも有効です。

過剰歯の抜歯

本来の歯の数よりも多く生えている歯を「過剰歯」と呼びます。過剰歯は、歯ブラシが届きづらくむし歯になりやすかったり、周辺の歯を圧迫して歯並びを乱したり、お口の健康に悪影響をおよぼすケースがあります。このような場合は抜歯を選択します。

床矯正

永久歯への生え替わり時期に顎の発達が不十分だと、すべての歯が並ぶスペースを確保できないため、歯並びが乱れてしまいます。床矯正は、装置によって顎を本来成長するべき大きさに拡大して、歯が生えてくるスペースを確保する矯正方法です。

咬み合わせの重要性

咬み合わせは歯の機能だけでなく筋肉や骨格など全身のバランスにも影響していることをご存知ですか? ほかにも内臓への影響があるなど、咬み合わせが体へおよぼす影響は思っている以上に多くあります。とくにお子さんは顔や顎の骨格形成、咀嚼と発音の発達成熟への影響も考えられるため注意が必要です。場合によっては早期の治療が望まれるケースもありますので、歯並びが少しでも気になる場合は、どうぞ一度歯科医院へご相談ください。