咬み合わせの重要性

こんなクセはありませんか?

お子さんが何となくしているクセや動作が、咬み合わせや歯並びの乱れの原因になっていることをご存知ですか? 歯が動きやすい成長期に次のようなクセがあったら要注意です。当てはまるものがありましたら、できるだけ早くなおしてあげましょう。

  • 指しゃぶり唇や爪を噛む舌のクセ

    これらのクセは歯や歯ぐきに余計な力が加わるため、出っ歯や受け口といった不成咬合を招く可能性があります。

  • うつぶせ寝横向き寝ほおづえ

    頭の重さが顎の骨に直接かかってしまうこれらのクセは、下の歯列を乱す原因となります。とくに寝る姿勢は長時間にわたり力をかけてしまうので注意が必要です。

  • 歯ぎしり噛みしめ

    歯を強く噛みしめることは顎関節の負担になるだけでなく、歯のすり減りや歯列の乱れの原因にもなります。

  • 口呼吸

    口呼吸は姿勢や歯並びに悪影響をおよぼす可能性があるため注意が必要です。また、口の中を乾燥させてしまうため、むし歯や歯周病にもなりやすい環境をつくってしまいます。

  • よく噛まないで丸飲みする

    食事の際、よく噛まずに丸飲みばかりしていると顎の骨の成長を促すことができません。

  • 片側の歯でばかり噛む

    片側の歯ばかり使っていると、咬み合わせを乱すことになります。また、全身の骨格バランスにも影響するため注意が必要です。

咬み合わせの乱れが身体におよぼす悪影響

歯みがきがしづらい~お口の環境の悪化~

歯並びが乱れていると歯みがきがしづらいため、なかなかすみずみまで歯ブラシが行き届きません。お口を清潔に保てないと、むし歯や歯周病になりやすい環境となり、口臭の原因にもなってしまいます。

食べ物をしっかり噛めない~消化器への負担~

食べ物をしっかり噛むことができないと丸飲みになり、うまく消化できず胃腸など消化器に負担がかかってしまいます。また、顎の骨の成長にも影響します。

息漏れや滑舌が気になる~発音障害~

歯の間にすき間があるとそこから息が漏れしてしまったり、デコボコした歯が舌の動きに影響して正しい発音を妨げたりなど、歯列の乱れは発音の発達成熟に影響します。発音が上手にできないとコミュニケーションに自信が持てないなど、心の成長に影響する可能性もあるため、早期の治療が大切です。

コンプレックスになる~心理的な負担~

歯並びや咬み合わせにコンプレックスがあると、口元を手で隠すクセがついてしまったり、口をあけて笑うことができなかったりと、心の負担になってしまうことがあります。

早めに治療を行うメリットは? どんな歯並びに注意すればいいの?
小児矯正についてくわしくはこちら