子どもの歯並びが気になる 小児矯正

5歳になったら咬み合わせに注意しましょう。

「まだ乳歯だけど歯並びが気になる……」「矯正は何歳から始めればいい?」お子さんの歯並びについて、このようなお悩みはありませんか? 矯正治療の開始時期は、永久歯が生え始めてからとお考えの方が多いですが、早いお子さんだと5歳前後から治療を開始したほうよい場合があります。

5歳を過ぎるとお子さんの歯並びや咬み合わせ、骨格の傾向がはっきりしてきます。そうなると成長の予測ができるようになり、矯正治療の計画を立てることが可能になるのです。

小児の矯正治療では、成長する力を利用して正しい位置に永久歯を誘導したり、顎の成長をコントロールしたりします。そのため、できるだけ早い時期に治療の必要性や適切な治療法、開始時期を検討していくことが大切です。お子さんの歯並びで気になることがありましたら、ぜひ一度、矯正歯科医のいる歯科医院でのご相談をおすすめします。

子どものうちに矯正するメリット

口元のバランスがよくなる

口元は上下の歯の位置関係だけでなく、歯を支える骨格(顎)の位置関係による影響を強く受けます。出っ歯や受け口などを治療する場合、歯を動かすだけでなく、歯を支える土台(顎)の位置関係から治療をすることでよりよい口元を得ることができます。

よりよく噛むことができる

歯並びと咬み合わせが整えば、食べ物をきちんと噛むことができます。噛むバランスがしっかりしていることによって、偏った噛み方によって歯や歯根、顎の関節が傷つくことを防ぎます。

むし歯や歯周病などを予防できる

むし歯や歯周病といったお口の病気を防ぐためには、歯みがきなど毎日のケアが大切です。歯並びが整っていればすみずみまでお手入れが行き届くので、これらの病気のリスクが低くなります。

正しい発音になる

歯並び・咬み合わせを整えることによって、唇や舌が正しく動き、息漏れなども解消されるため、発音機能の向上が期待できます。

大人の歯を抜かずに治療ができる

成長期が終わった成人の場合、仕方なく大人の歯を抜くことがあります。一方で早いうちから治療を行えば、歯と顎の大きさのバランスを整えることができ、大人の歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。

お口まわりのケガから守れる

歯並びを整えることで、転んだときなどにお口まわりに起きるケガの可能性を低くすることが可能です。歯が出ている子とそうでない子では、ケガの確率に差が出てくる可能性があります。

コンプレックスを解消できる

歯並びが気になって口元に自信が持てないと、笑うことにも消極的になってしまいがちです。矯正治療によって自信を取り戻すことは、健やかな心の成長を促すことにつながります。

脳や体の健全な発育を促せる

咬み合わせが整っていると、バランス感覚や瞬発性が向上し、身体能力の向上に繋がると考えられています。 逆に咬み合わせが悪いと身体にゆがみが生じるため、口呼吸や猫背など身体に悪影響をおよぼすことがあります。 また、しっかりと噛むことは脳によい刺激となり、学習能力・記憶力のアップにつながるとも考えられています。
お子さんの健やかな全身の成長のためにも、適切な時期での矯正治療が大切です。

こんな歯並びには要注意!

上顎前突(じょうがくぜんとつ) 下顎前突(かがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「出っ歯」。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こる。 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態。いわゆる「受け口」。食べ物がうまく噛めず、発音にも影響が出る。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ) すきっ歯
上下の歯列がともに前に突き出ている状態。唇が閉じにくく、転倒したときなどに前歯が折れたり唇が傷ついたりしやすい。 歯と歯の間にすき間がある状態。顎に対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の本数が足りない場合に起こりやすい。目立つだけでなく、食べ物が挟まりやすい。
叢生(そうせい) 過蓋咬合(かがいこうごう)
歯がデコボコにズレていたり、重なって生えていたりする状態。顎が小さく歯がキレイに並ぶスペースが足りない、顎に対して歯が大きすぎといった場合に起こりやすい。代表的なのが「八重歯」。 正面から下の歯が見えないくらいに上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態。深く噛みこんだ歯が歯ぐきを傷つけやすいうえに、物を噛みづらい。場合によっては発音にも影響が出る。
交叉咬合(こうさこうごう) 開咬(かいこう)
左右いずれかの奥歯または前歯が横にズレている状態。前歯の中心がズレていることが多い。放っておくと噛む機能が低下し、顔がゆがむおそれがある。 奥歯を噛み合わせたときに上下の歯にすき間ができる状態。前歯で物を噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすい。指しゃぶりが原因となることがある。