子どもの歯を守りたい 小児予防

お口の健康は予防から

お口の健康を守るためには予防がとても大切です。しかし「歯科医院で予防をしてもらったから大丈夫!」と一度の予防処置で安心してはいませんか? 成長過程にあるお子さんのお口の環境は日々変化しています。そのため、成長に合わせた観察や処置が非常に重要なのです。

行田市のハートピア歯科・矯正歯科北本市のハートピア歯科・矯正歯科北本診療所では、むし歯の有無、歯の生え方や咬み合わせの確認をする定期検診をおすすめしています。しっかりと検診していれば、治療が必要になった場合も早期に発見できるため、痛みが少なく負担を最小限にすることが可能です。鴻巣市にお住まいの方にも通っていただきやすい場所にありますので、どうぞお気軽にご相談ください。

学童期の予防について

むし歯になりやすい生えたての永久歯

歯の生え替わり時期である学童期。じつは、生えたての永久歯はむし歯菌の出す酸に弱く、乳歯と同じくらいむし歯になりやすい危険な状態です。毎日の歯みがきはもちろん、歯科医院での定期検診でむし歯を未然に防ぎ、健康的な歯に育てましょう。

小学生になっても必要な仕上げ歯みがき

歯が生え替わるこの時期、お口の中は乳歯が抜けている箇所や永久歯が生えかけの箇所でデコボコしています。つまり、とても歯みがきがしづらい状態なのです。歯科医院で正しい歯みがき方法を指導してもらい、おうちでのケアの最後は必ず親御さんが仕上げ歯みがきをしてあげましょう。

正しい食生活を身につける

食事の時間やリズム、栄養バランス、おやつのタイミングなどについて、お子さん自身が考えるようになると、お口の健康をキープしやすくなります。お手伝いや調理体験を通して、食材や栄養について興味を持つことから始めてみましょう。

フッ素塗布でむし歯予防

永久歯のむし歯予防にもフッ素塗布は有効です。フッ素入りの歯みがき剤やジェルを積極的に利用しましょう。また、歯科医院で塗るフッ素は市販のものより強力なため、高い効果が期待できます。この時期も予防のための定期検診に通うことをおすすめします。

幼児期の予防について

歯みがきを習慣づけましょう

小さいうちは、自分で歯みがきをしてもきちんとできませんが、まずは歯みがきの時間をつくることが大切です。もちろん最後は親御さんが仕上げみがきをしてあげましょう。一緒に楽しく歯みがきをすることで、食後や就寝前に歯みがきをする習慣がしっかり身につきます。

むし歯リスクの低い食生活に

食生活が乱れているとむし歯になるリスクが高まります。とくに、糖分の多いお菓子などは注意が必要です。おやつにも穀物や野菜などを摂り入れて、甘いお菓子ばかりに偏らないよう気をつけましょう。バランスのとれた食生活は、健康な歯の発育を促します。

予防のための定期検診は積極的に

乳歯が生えそろう3歳頃は、とてもむし歯になりやすい時期なので注意が必要です。むし歯がなくても、歯科医院を受診しましょう。定期検診ではフッ素塗布などの予防処置のほか、歯みがき指導などを行います。

咬み合わせの重要性

咬み合わせが悪いと歯の機能だけでなく全身の健康にも悪影響をおよぼします。とくに成長期のお子さんだと、顎や顔の骨の形成に影響したり、発音や咀嚼に影響したりするケースがあるため早期の治療が大切です。くわしくは、「咬み合わせの重要性」のページでもご紹介しています。少しでも不安に感じることがありましたら、お早めに歯科医へご相談ください。

お子さんのお口の健康を守るには、お母さんも一緒に予防に取り組むことが大切
成人予防についてはこちらでご紹介しています