よくある質問

日頃の疑問にお答えします

いつから歯医者に通ったらいいの?

A むし歯のリスクは乳歯が生え始める生後6ヶ月頃から存在します。この頃から定期的に歯科医院に通い、フッ素塗布などの予防処置を受けることをおすすめします。

>>小児歯科についてくわしくはこちら

口腔ケアって何をすればいいの?

A 口腔ケアの目的はお口の中を清潔に保つこと。むし歯になりづらい環境をキープするためには日々の歯みがきが大切です。お子さんの場合は正しい歯みがき方法を身につけることから始めましょう。また、自分では落としきれない汚れは歯科医院で定期的にクリーニングしてもらうと効果的です。

>>お子さんの予防はこちら
>>親御さんの予防はこちら

母親からむし歯がうつるって本当?

A 生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌はいません。むし歯は感染症で、母親に限らず、お口にむし歯菌を持つ人からの口移しや同じスプーンの利用、キスなどで感染すると言われています。しかし、むし歯菌がお口に入っても定着が起こらなければむし歯にはなりませんので、お口を清潔に保っていればそんなに神経質になることもありません。スキンシップも大切にしましょう。

>>小児歯科はこちら

矯正ってさせたほうがいいの?

A 歯並びが少々乱れていても、咬み合わせが正常で歯を清潔に保てていれば、必ずしも矯正治療が必要というわけではありません。しかし、咬み合わせが悪いとお口の中だけでなく全身の健康にも悪影響をおよぼすことがあります。成長過程にあるお子さんはお口の環境も変化し続けているので、自己判断せずに歯科医に相談し、矯正治療が必要かどうか検討することをおすすめします。

>>咬み合わせの重要性についてくわしくはこちら

妊娠中って歯医者に行ってもいいの?

A 妊娠中であっても一般的な歯科治療は行えます。ただし、流産しやすい妊娠初期や長時間の治療が負担になる妊娠後期は応急処置にとどめたほうがよいでしょう。歯科医院へ通うのであれば妊娠中期が理想的です。出産後はゆっくり時間を取ることが難しいですし、なによりもむし歯菌のない清潔な状態で赤ちゃんを迎えてあげたいので、むし歯や歯周病があれば、妊娠中期を利用して治療しておきたいですね。

>>妊婦さんのための歯科治療はこちら

カルシウムを多く摂れば歯は丈夫になるの?

A 歯にはカルシウムが多く含まれていますが、カルシウムを摂取するだけでは丈夫な歯にはなりません。健康な歯の成長のためには、ミネラルやビタミン、タンパク質などの栄養も必要なので、バランスのよい食生活を意識することが大切です。

むし歯がないのに歯科医院に通ったほうがいいの?

A 予防歯科は、むし歯になってから治療するのではなく、むし歯にならならいように予防することが目的なので、むし歯がなくても定期的に歯科医院で検診することが大切です。定期的にチェックをしていれば、むし歯になってしまったとしても早期に発見できるため、治療の負担が軽くすみます。