経過観察の重要性 矯正相談セカンドオピニオン

矯正治療はいつ始めるのがベスト?経過観察の重要性

ご相談だけでも結構です。

行田市のハートピア歯科・矯正歯科、北本市のハートピア歯科・矯正歯科北本診療所では、矯正治療における経過観察を非常に重視しています。こちらでは、治療前後それぞれの経過観察についてお話しします。

治療前の経過観察

治療前の経過観察はお口の状態だけでなく全身の状態を把握し、適切なタイミングで適切な治療を行うためにとても大切です。矯正治療ではすべてのケースにおいて早く治療したほうがよいというわけではありません。むしろ、一部の急を要するケース(歯が交叉している)でなければ、急ぐ必要はないと考えてもよいでしょう。とくに、成長過程にあるお子さんの場合は、お口の状態も常に変化しているため、本当に治療が必要かどうかを経過観察しながら見極めることが重要です。

お子さんの歯並びが気になりましたら、きちんと経過観察するためにも、なるべく早めに歯科医院にご相談ください。

治療後の経過観察

矯正治療によって動かされた歯は、装置を外すと元に戻ってしまうことがあります。歯を理想的な位置に安定させるためには、矯正装置を外した後に「保定」という期間が必要です。保定期間中は、治療効果の維持のために、しっかりと歯科医院でのメンテナンスを受けましょう。また、保定期間後も経過観察は大切です。歯科医院への定期的な受診をおすすめします。

矯正治療を始めるタイミングでお悩みの方へ

「矯正治療が必要」と診察されたけど不安が残っている、といったことはありませんか? また、ほかに考えられる治療法のこと、抜歯や手術の有無、治療期間についてなど、治療の開始前に知っておきたいことはたくさんあると思います。

矯正治療をいったん進めてしまうと、厳密には元の状態に戻すことはできません。万が一、結果に満足できずに治療をやり直すとなると、今までの治療が無駄になるだけでなく、費用や時間などさらなる負担がかかってしまいます。このような事態を避けるためには、最初の歯科医院選びがとても重要なのです。

疑問や不安をなくして信頼の置ける治療を

最初に診断してもらった結果に疑問や不安がある場合は、主治医以外の専門医に意見を聞く「セカンドオピニオン」がおすすめです。セカンドオピニオンによって主治医の考えに納得することができれば、安心して治療を受けることができるでしょうし、より理想的な治療が見つかれば、そちらを選択することもできます。また、患者さん本人が治療法を理解することによって、治療の質の向上も期待できます。

「ハートピア歯科・矯正歯科」「ハートピア歯科・矯正歯科北本診療所」では、患者さんがセカンドオピニオンを希望される場合は、依頼状の作成、資料の貸し出しなどに協力しています。また、他院での矯正治療を予定されている患者さんのセカンドオピニオンにも協力していますので、お気軽にご相談ください。